婚活 結婚

年相応の恋愛観が大事

恋愛観

いくつになってもおしゃれをしたり、女性であることを楽しんでいる女性というのは魅力的ですが、年はとっているのに考え方が若い時のままでは魅力も半減してしまうでしょう。

見た目は若く、考え方はきちんと成長している女性というのが男性から見ても魅力的で、恋愛をするにしても長続きするのではないでしょうか。

 

特に若い頃ははしゃいだり浮かれているのもかわいく見えるものですが、アラサー、アラフォー世代の女性がはしゃぎすぎたり浮かれていては落ち着きがないと見られたり、みっともないと思われたりもするでしょう。
ちょっと控えめで落ち着きがあったほうが、はしゃいだり浮かれたりもかわいく見えるものです。また、年齢を重ねることによっていろいろ経験してきている女性というのは、幅広いものの考えや適切な行動ができます。こういったことは歳を重ねてこそなので、若い女性には負けないでしょう。結婚するときは考え方や知識、経験が深い女性ほど男性は大切だと思うものです。

疲れる恋愛にしないことが大事

10代、20代の時は当たり前にできていた恋愛も、30代になってくると消極的になってしまうことはよくあることです。
10代、20代は失敗してもまだ次の恋に行けばいいという考えが働きますが、30代になると結婚も意識しなければいけないし、一つの恋のダメージが大きく、なかなか次の恋にスタートできないでしょう。また、遊園地に行ったり積極的に出かけていくデートよりも、落ち着きを感じるデートの方が癒されたりもします。
それは30代にもなると仕事も責任のある仕事を任せられるようになりますし、また転職を考える時期でもあるので、恋の事ばかりを考えていられなくなるから、という背景もあります。情熱的な恋愛よりも癒される恋愛を求めることも多くなるのではないでしょうか。

 

ですから、相手を思うあまり無理をしないことも大事です。疲れているのに恋人にあわせてばかりでは精神的に疲れてしまい、恋が駄目になってしまいます。30代は疲れる恋愛にしないことも大切です。